• TATTOO WORK
  • COVER UP
  • PRICE
AFTER CARE
アフターケアの仕方
 

タトゥーを入れた後は、アフターケアをしっかりと行ってください。
ケアが悪いと、傷口から細菌感染し、化膿や炎症を起こす原因となり、タトゥーの仕上がりに大きく影響します。
完全に元の肌に戻るまでに、個人差はありますが1か月〜1か月半ほどかかります。しっかりとケアする事で、よりタトゥーは綺麗に仕上がりますので、アフターケアはしっかり行う様にしましょう。ご不明な点あれば,各店舗お気軽にお問い合わせください。

 
□施術当日は軟膏を塗り、色の定着と雑菌防止・保護の為にバンテージを貼り幹部を保護し、お帰り頂きます。
施術後、3〜4時間後にバンテージを外し、シャワーで泡をつけ、優しくなでるように幹部を洗い流してください。その後、清潔なタオルで優しく十分に水分を取り、よく乾かし、市販の軟膏(刺激性の無いオロナイン・ワセリン等)または、指定された薬を塗ってください。(施術終了時に軟膏をお渡しします)
 
□バンテージは新しいものに変え、(サランラップで代用してください)上記の行程を2日間続け、3日目以降は薬のみ塗って下さい。
 
□タトゥーを入れて数日間は、衣類にインクやリンパ液が付着します。
 
□タトゥーに負担のかからない清潔で、汚れても良い衣類を着用してください。
(ガーゼや包帯を巻くのは、患部にくっついてしまうので絶対に避けて下さい。)
 
□1日2〜3回軟膏を薄く塗ります。
 
□1週間ほどすると、薄く皮(かさぶた)が張ってきます。(個人差があります)
治療に向かい、痒みを伴いますが、絶対に掻いたり、皮(かさぶた)を無理にはがさない様にして下さい。
患部を清潔に保つ為に、シャワーで1日1回は必ず洗い流すようにしてください。(バスタブに入るのは1週間程避けて下さい)
タトゥーが治るまで、日焼けは絶対に避けて下さい。(タトゥーが完全に治った後、日焼けする場合は日焼け止めを塗り、日焼け防止に心がけて下さい。日焼けは、退色(色抜け)・にじむ原因になるのでご注意ください。)
温泉・プール・サウナ・海水浴は最低1か月ほど避けて下さい。


完全に元の肌に戻るまでに、個人差はありますが1か月〜1か月半ほどかかります。しっかりとケアする事で、よりタトゥーは綺麗に仕上がりますので、アフターケアはしっかり行う様にしましょう。
ご不明な点あれば,各店舗お気軽にお問い合わせください。

 
 
タトゥーが治るまでの経過
 
1~3日目



施術後は、肌に負担がかかっているので赤みや腫れ、触ると痛みがあります。
雑菌などが入らない様に清潔に保つことに心がけて下さい。
 
4日目



表面の皮膚がすこし乾いてきて、シワになっている部分もあります。
 
5日目


 
だんだん肌の腫れや赤みも落ち着いて、皮膚(かさぶた)が乾燥してきます。
強く肌を引っ張ったり、圧迫させると皮膚が割れてしまうので注意してください。
関節部分等は特に気を付けて下さい。
 
6日目以降


 
皮膚(かさぶた)が、少しずつ剥け始めます。この辺りで痒みを伴いますが、掻いたり、無理にひっかいたりするのは絶対に避けて下さい。
かさぶたが取れた後の皮膚は、また薄く弱い状態です。外部からの刺激に非常に弱い状態なので、気を付けて下さい。
かさぶたがすべて自然に剥がれ、約1か月〜1か月半ほどで肌に完全に肌になじんできたら完成です。